切らないたるみ治療とは|美容整形外科でくまを消そう|目の下の症状に合わせる

切らないたるみ治療とは

ナース

メスを使わずリフトアップ

美容クリニックで提供されている美顔術の1つに、フェイスリフトというものがあります。フェイスリフトは、皮膚の一部を切除することでたるみを解消し、シワやほうれい線を目立たなくする技術です。非常に高い美容効果が得られますが、外科手術を伴うため当然ながら身体にメスが入ります。そのため、施術に対して不安を抱いている人も少なくありません。その一方で、最近は「切らないリフトアップ」という新しい医療技術が人気を呼んでいます。それがウルセラです。ウルセラは超音波によって皮膚組織に刺激を与えることで、引き締め効果をもたらします。ダウンタイムがほとんどないにも関わらず、ヒアルロン酸注射などのプチ整形よりも効果が長持ちします。

肌の深いところから改善

ウルセラから発せられる超音波は、肌に照射されると細胞に摩擦熱を発生させます。この熱が刺激となって、新陳代謝を盛んにするとともに、コラーゲンなどの生成を促します。その結果、ハリとうるおいのある若々しい肌をよみがえらせることができます。さらに、ウルセラには他の超音波美容よりも深い場所に超音波を届かせることができるという特徴があります。そのため、真皮層のさらに下にある筋組織のたるみをも改善することができます。従来は外科手術を行わなければ実現できなかった、筋肉のリフトアップ効果が得られるのです。ウルセラの使用には多少の痛みを伴うため、その点には注意が必要です。しかし必要に応じて鎮痛剤や麻酔クリームなどが処方されるため、安心して施術を受けることができます。